マンゴーの起源はインドです

インドでは4000年以上前から栽培が始まっており、仏教の経典にもその名が見られます。10世紀にペルシャ人によってインドから東アフリカに伝わり、そこから西アフリカ、ブラジル、バミューダ、そして19世紀にはフロリダにまで栽培地域は広まったそうです。東南アジアには15世紀にインドから広まりました。インドは毎年1000万トンのマンゴーを生産し、世界のマンゴー生産量の55%を占めています。

最近の記事

  1. 2020.11.20

    MOTTO
  2. 2020.11.20

    モットー
  3. 2020.11.20

    はじめに
  4. 2020.11.20

    INTRODUCTION
PAGE TOP